北キプロス上空で爆発、シリアから飛来のロシア製ミサイルか

北キプロス上空でミサイルが爆発したが、死傷者などは出なかった/IAKOVOS HATZISTAVROU/AFP/AFP/Getty Images

北キプロス上空でミサイルが爆発したが、死傷者などは出なかった/IAKOVOS HATZISTAVROU/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 地中海のキプロス島北部にある北キプロス・トルコ共和国(トルコのみ承認)の上空で1日、ロシア製とみられるミサイル1基が爆発した。当局は中東シリアでの軍事行動に関連した事象とみている。

北キプロスの高官はCNNの取材に対し、同日の真夜中すぎ、不審な物体がタシケント村近くの山岳地帯に落下したと述べた。現場はニコシアから24キロ足らずの地点で、けが人はいないという。

トルコ系キプロス人の外相はフェイスブックで、この物体について「初期段階の評価ではロシア製のミサイルで、防空システムの一部とみられる。昨晩、シリアに対する空爆を受けて作動したものの、標的を外したまま射程が尽き、わが国に落下した」と説明した。

シリア国防省は1日、フェイスブックで、防空システムにより「敵のミサイル」を複数撃墜したと発表。これらはイスラエルの戦闘機から発射され、西部の都市ホムスや首都ダマスカス近郊にある軍事拠点を狙ったとしている。

イスラエル軍は現時点でミサイルに関するコメントを出していない。CNNはロシア国防省にコメントを求めたが、現時点で返答はない。

ロシアは依然としてシリア政府を支援し、現行の反体制派との紛争に関与し続けている。

前出のトルコ系キプロス人の外相によればミサイルはロシア製の「S200」で、昨年トルコに落下したものと同じタイプ。地表にクレーターが残っていないことから、空中で爆発したものと考えられるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]