アジア太平洋の観光地ランキング、四国が2位に ロンリープラネット

10位に選ばれたカンボジアの名所、アンコール・ワット/Courtesy shutterstock
写真特集:アジア太平洋の観光地ランキング、今年の1位は?

10位に選ばれたカンボジアの名所、アンコール・ワット/Courtesy shutterstock

(CNN) 観光ガイドブックを発行するロンリープラネットが、アジア太平洋の観光地ランキング2019年版をまとめた。日本からは四国が2位にランク入りしている。

これまでのランキングはアジアを対象としていたが、今年からはオーストラリアとニュージーランドを含めてアジア太平洋地域に拡大した。

今年はオーストラリア西部のマーガレットリバーと西オーストラリア州南部が1位に選ばれた。同地はワインとサーフィン、美しい海岸線で知られる。

2位の四国は鳴門の渦潮、高知城、祖谷渓などの名所があり、ロンリープラネットによれば、海外からの観光客が増えている。

3位に入ったニュージーランドのアイランズ湾と北島は、亜熱帯の島々や先住民マオリの伝統文化、美しい光景が楽しめる。

昨年の映画「クレイジー・リッチ」の舞台にもなった4位のシンガポールはグルメや素晴らしい空港が魅力。7位のフィジーは豊かなジャングルだけでなく、持続可能性への取り組みも注目され、「太陽光発電のリゾートから地元で採れた食材、サンゴ礁の再生プロジェクト、プラスチック利用の制限に至るまで、エコツーリズム推進に力を入れている」(ロンリープラネット)という。

2019年のアジア太平洋の観光地10選は以下の通り。

1.マーガレットリバーと西オーストラリア州南部

2.四国

3.アイランズ湾と北島

4.シンガポール

5.クック諸島

6.ベトナム中部

7.フィジー

8.パラワン島(フィリピン)

9.北京(中国)

10.カンボジア

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]