これぞ究極の食べ放題イベント? 岩手名物わんこそばに挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みちのくのフードバトル、わんこそばを体験

盛岡(CNN) 「はい、じゃんじゃん」

わんこそば屋の給仕の発する言葉は、甘くそれでいてしっかりとした声とは裏腹に、やや単調で退屈だ。しかし、客への容赦は一切ない。小さな椀(わん)の中のそばを食べきると、給仕は「はい、どんどん」という掛け声とともに一口分のそばを椀に入れる。

このやり取りが33回繰り返され、筆者の脇には空の椀が高く積み上げられた。

給仕に「もう止めて」と言っても無駄で、わんこにふたをするまでそばの提供は続く。わんことは地元の方言で「椀」を意味する。

これが、岩手県名物わんこそばの全容だ。

最高記録は345杯

筆者は、岩手県盛岡市にある東家(あずまや)でわんこそばに挑戦することにした。この店には外国人向けに英語のメニューも用意されている。

無論、必ずしもわんこそばに挑戦する必要はなく、懐石ランチなどのセットメニューもあるが、ここまで来て挑戦しない手はないだろう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]