台湾の絶景 太魯閣渓谷を行く

台湾屈指の景勝地として知られる太魯閣渓谷に立つ長春祠

台湾屈指の景勝地として知られる太魯閣渓谷に立つ長春祠

台湾(CNN) 台湾で最も人気のある観光地の一つ、太魯閣渓谷。険しい崖がそそり立つ一方で深い谷が刻まれるなど、起伏に富んだ景観を楽しめる。

19キロにわたる一帯は太魯閣国家公園の一部となっており、高さ100メートルに及ぶ崖がそびえ立つ。

国立公園に指定されたのは1986年。中央山脈の北部から台湾東岸にかけての地域はこれ以降、自然保護区とされてきた。

台北と太魯閣渓谷を結ぶ中部横貫公路は、世界で最も危険な(だが景色の良い)道路の一つとされ、急カーブやトンネル、急斜面が続く。景勝地にたどり着くには危ない橋や曲がりくねった小道を通らなければならない。

太魯閣国家公園には台湾百名山のうち27山が集中しており、標高3742メートルと台湾で5番目に高い南湖大山もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]