自転車で走り出したくなる! 世界のサイクリングコース9選

「死の道」と呼ばれるこの道は、雪に覆われた山頂から緑豊かな熱帯雨林まで急降下する

「死の道」と呼ばれるこの道は、雪に覆われた山頂から緑豊かな熱帯雨林まで急降下する

死の道(ボリビア)

命知らずのマウンテンバイカーたちは、約3600メートルも下る「死の道」と呼ばれるハラハラするような道をマウンテンバイクで急降下する。

この道の名前は決して冗談ではない。道路沿いにある記念碑は、ドライバーやサイクリストたちがアンデス山脈の崖から落下した場所を示している。

このコースは、一般に雪をかぶった山頂に囲まれたクンブレ峠から出発する。それぞれの曲がり角では、思わず息を飲むような断崖が待ち受ける。中には落差900メートル以上の崖もある。コースの最終地点は、コロイコとラ・センダの2通りがある。

リードビル・トレイル100(米コロラド州)

ロッキー山脈内の標高約3000メートルに位置するリードビルは、かつて鉱業の町として栄えた。

リードビル・トレイル100は、1983年にウルトラマラソンレースとして始まったが、その11年後にマウンテンバイク愛好家向けに、そのエリアで最も過酷な100マイル(約160キロ)を自転車で走るリードビル・トレイル100MTBが追加された。

レースには参加条件があり、抽選に当たるか、予選を勝ち抜くか、特定の自転車キャンプに参加するか、慈善団体の後援を受ける必要がある。

このレースはマウンテンバイク界では有名で、完走すれば大きな名誉となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]