スイスの山奥に高層ホテルの構想、地元から反対の声も

スイスの小さな村に高層ホテルを建設する計画が持ち上がり物議を醸している

スイスの小さな村に高層ホテルを建設する計画が持ち上がり物議を醸している

(CNN) スイス・アルプスの小さな村に、高さ世界一のタワーホテルがそびえ立つ――。大胆な構想に、景観の変化を懸念する声が上がっている。

スイス南東部にある人口1000人のバルス。人間と同じ数の羊がすむといわれる、のどかな山村だ。

ここにガラス張りのタワーホテルを建設する計画が進んでいる。高さは381メートルで、米ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルと同じ。西欧州のビルでは最も高く、ホテルとしては世界一になるという。

名前はバルスの郵便番号にちなんで「7132タワー」。総面積5万3000平方メートル、107の客室にレストランやギャラリー、プールなどを完備したホテルが、2019年に完成する計画だ。

この村で高級温泉施設「テルメ・バルス」を営むオーナーが世界各地の有名設計者からデザインを募り、米国の建築家トム・メイン氏が率いる設計事務所、モーフォシス・アーキテクツの案が選ばれた。

メイン氏は、環境に溶け込むよう建物の存在感をできるだけ抑え、周囲の景観を映し出すデザインにしたと主張する。

しかし審査結果が発表される前から、周囲に与える影響が懸念されてきた。

地元当局はホテル建設の是非を問う住民投票を実施する構えだ。その結果次第で、構想は一場の夢と化す可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]