開業100周年を迎えた東京駅、10の魅力を紹介

日本の首都への玄関口、東京駅が開業100周年を迎え、ますます輝きを増している。

日本を訪れる旅行者なら一度はこの駅を通るだろう。鉄道網の出発点として開業し、現在も東京の歴史、政治の中心に位置するだけでなく、駅自体が観光スポットとなっている。

重要文化財の駅舎をはじめとするこの駅の魅力を、10項目に分けて紹介する。

1.数でみる東京駅

駅舎の長さは実に300メートル以上。1日に3000本以上の列車が発着し、乗降客の数も日本トップクラスだ。1日の売上高は国内の鉄道駅の中で1位とされる。

世界の高速鉄道で最も多い利用客を誇る東海道新幹線をはじめ、14の路線が乗り入れている。

2.建築物としての価値

総工費500億円、工期5年にも及んだ丸の内駅舎の復元工事が2012年に完了。第2次世界大戦の空襲で焼失した2つのドームを含め、建設当時と同じれんが造りの建物がよみがえった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]