星空の下で眠る アフリカの厳選ロッジ6軒

キブク・スターベッドとコイジャ・スターベッド(ケニア・ロイサバ動物保護区)

キブク・スターベッドとコイジャ・スターベッド(ケニア・ロイサバ動物保護区)

(CNN) アフリカの大自然に囲まれ、満天の星を眺めつつ柔らかなベッドで眠りにつく。普段は不眠症に悩む人も、空に舞う気分で心地よい夢が見られるだろう。各地の厳選ロッジを6カ所紹介する。

1.キブク・スターベッドとコイジャ・スターベッド(ケニア・ロイサバ動物保護区)

わらぶき屋根の小屋に置かれた大きなベッドをデッキに引き出して横になれば、目の前に無限の星空が広がる。ベッドの周りを覆う蚊帳も、中からの視界をさえぎることはない。昼間のサファリドライブで疲れた旅人を、スタッフがたき火や食前酒でいやしてくれる。谷を見下ろすとアンテロープやシマウマが泉の水を飲みに来る姿が見えるかもしれない。

宿泊料金は、地元コイジャの町の収入となる。朝・昼・夕食とサファリツアー、送迎付きで1人1泊420ドル(約4万2000円)から。

2.高床ロッジ(ガンビア・マカスツ)

マングローブの林に囲まれた水辺の宿、マンディナ・ロッジの部屋はどれも素晴らしいが、中でもこの高床ロッジは格別。壁のないバスルームや空が見えるラウンジなど、開放的な造りが特徴だ。

朝・昼食付き、1人7泊2230ドルから。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]