ティックトック、香港からの撤退を表明 国家安全法施行で

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」が香港からの撤退を表明した/Shutterstock

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」が香港からの撤退を表明した/Shutterstock

香港(CNN Business) 動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は7日までに、国家安全維持法が施行された香港からの撤退を表明した。

ロイター通信が最初に伝えた。ティックトックの報道担当者はCNN Businessに、「最近の出来事を踏まえ、香港での事業を停止する決断を下した」と確認した。

撤退の時期や、香港に住むユーザーらの扱いは明らかでない。

香港はこれまで中国当局によるネット検閲の対象外とされ、本土で禁止されているソーシャルメディアの利用も認められていた。しかし、中国当局が先週、香港国家安全維持法を施行したことによって、香港に高度な自治を認めてきた「一国二制度」の崩壊が懸念されている。

フェイスブック、ツイッターなどの米IT大手は最近、香港政府から利用者データの提供を求められても今後は応じないとの方針を明らかにした。

ティックトックは中国発のソーシャルメディアとしては初めて、欧米諸国への進出に成功。運営主体の中国企業、北京字節跳動科技(バイトダンス)とは距離を置き、中国色を薄める姿勢を示してきた。

しかし最大の市場だったインドは先週、ティックトックを含む中国製アプリを禁止。米国のポンペオ国務長官も6日夜、ティックトックなど中国系ソーシャルメディアの禁止を検討していると明言した。

バイトダンスはこれまで、本土向けには抖音(ドウイン)という中国版アプリを提供してきた。これが香港でも利用できるようになるのかどうかは不明だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]