ユーチューブ、動画の画質を「標準」に引き下げ ネット負荷低減で

ユーチューブがネット負荷を低減するため動画の画質を引き下げる/Sean Gallup/Getty Images

ユーチューブがネット負荷を低減するため動画の画質を引き下げる/Sean Gallup/Getty Images

(CNN) 動画サイト「ユーチューブ」が世界で配信する動画の画質について「標準」をデフォルトとすることがわかった。新型コロナウイルスの感染が拡大し、何百万もの人々が外出禁止や自宅待機となるなかでインターネットへの負荷を低減するための取り組みだという。

画質引き下げの措置は24日から始まり、約30日続く見通し。

ユーチューブは声明で、前例のない状況のなかでシステムへの負荷を最小限に抑えるため自社の役割を果たすと説明している。手動で高画質にすることは可能だという。

ユーチューブや動画配信の「ネットフリックス」は先に、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)のために前例のない負荷でインターネットが崩壊するのを防ぐために一定期間、欧州で動画の質を低減させると明らかにしていた。

SNS世界大手フェイスブックも、利用の大幅な増加に直面していると述べていた。その水準は通常正月休みに見られる量をしのぐほどだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]