MSの「ウィンドウズ7」がサポート終了、数億人に影響か

米マイクロソフトが、OS「ウィンドウズ7」へのサポートを終了する/Oli Scarff/Getty Images

米マイクロソフトが、OS「ウィンドウズ7」へのサポートを終了する/Oli Scarff/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米マイクロソフトは14日、OS「ウィンドウズ7」へのサポートを終了する。このため、ウィンドウズ7のアップデートやセキュリティー上の脆弱(ぜいじゃく)性を修正するためのプログラムも提供されなくなる。

サポート終了は数億人の人々に影響を与えそうだ。ネットマーケットシェアによれば、3分の1以上のパソコンがウィンドウズ7を利用している。

ウィンドウズ7が動いているPCの数は、「ウィンドウズ10」が稼働するPCの数をわずかに下回るにすぎない。ウィンドウズ10は最も利用されているOSで、マイクロソフトの直近の数字によれば、ウィンドウズ10は9億台の端末で利用されている。

サポート終了後もウィンドウズ7を利用し続けることは可能だが、マイクロソフトはウイルスやマルウェアに対して、より大きなリスクにさらされることになると警告している。

マイクロソフトはウィンドウズ7のサポート終了にあたり、ウィンドウズ10への無償でのアップデートなどを呼び掛けていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]