米、中国の為替操作国認定を解除 通商合意署名控え

米財務省が中国に対する為替操作国の認定を解除した/Photo Illustration: CNNMoney/Getty Images/Shutterstock

米財務省が中国に対する為替操作国の認定を解除した/Photo Illustration: CNNMoney/Getty Images/Shutterstock

ワシントン(CNN) 米財務省は13日、中国に対する為替操作国の認定を解除すると発表した。トランプ米大統領と中国の高官は向こう数日のうちに通商協議での第1段階の合意に署名するとみられている。

財務省は年2回の議会への報告書で、主要な貿易相手国・地域について「現時点で」問題のある外国為替の慣行は認められないと分析。中国を含め為替操作国の認定を発動する事態には至っていないとの見解を示した。

一方で、中国についてはドイツ、イタリア、日本、韓国、ベトナムなどの9カ国と並び、通貨政策の監視対象に指定するとした。

為替操作国の認定解除の理由として、財務省は中国人民銀行との交渉に言及。ムニューシン財務長官は「中国は拘束力のある確約に基づき、優位性を求めての人民元切り下げを行わないと明言した。同時に透明性と説明責任も推進していくとした」と説明した。

米中ビジネス評議会(USCBC)のクレイグ・アレン会長は、今回の米国側の措置について、詳細は明らかになっていないとしながらも「信頼醸成のメカニズム」と評価する考えを示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]