ユーチューブ、危険ないたずら動画を禁止

ネット映画の影響で目隠しして車を運転し、事故を起こす例も/Courtesy Layton City Police Department

ネット映画の影響で目隠しして車を運転し、事故を起こす例も/Courtesy Layton City Police Department

クリエーターには2カ月の猶予期間を設けてコンテンツを見直してもらい、その後全面的な禁止に踏み切る方針。

ユーチューブでは、「未成年者に精神的苦痛を与えるいたずら」も禁止している。子どもが生涯にわたって心的外傷を負うような動画がこれに該当し、「児童心理学の専門家の協力を得て、この一線を越えるいたずらのガイドラインを作成した」という。具体的には両親が死亡したと見せかけるいたずらや、過ちに対して恥をかかせるようないたずらが対象となる。

ネット上では米ネットフリックスの映画をまね、目隠しをして行動する「バード・ボックス・チャレンジ」が流行して問題になっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]