スピルバーグ版「ウェスト・サイド物語」、17歳高校生がヒロインに

「ウェスト・サイド物語」のリメイク版、ヒロイン役が決定

(CNN) スティーブン・スピルバーグ監督によるリメイク版「ウエスト・サイド物語」のヒロインに、17歳の高校生が起用されることが16日までに分かった。

レイチェル・ゼグラーさんはこれまでも優れた歌唱力で注目を集めていた。だれもいないホールで、人気歌手レディー・ガガの主演映画「アリー/スター誕生」の主題歌「シャロウ」を歌う動画が、ソーシャルメディア上で拡散したのを見かけた人もいるだろう。

ウエスト・サイド物語は、ギャング同士の抗争の中で芽生えたトニーとマリアの恋の物語。ゼグラーさんはマリア役に抜擢(ばってき)された。

トニー役は若手俳優のアンセル・エルゴート。このほかアリアナ・デボーズ、デビッド・アルバレスら、ブロードウェイで活躍するミュージカル俳優の出演が決まっている。オリジナル版でアカデミー賞助演女優賞を受賞したリタ・モレノも、街角の店主という新たな役柄で登場する。

俳優ザック・ブラフ氏はツイッター上でゼグラーさんに「あなたの声はすごい」と称賛の言葉を贈り、マリア役への起用を祝った。

ゼグラーさんはインスタグラム上に歌の動画を多数投稿している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]