まるでアイアンマン、「空飛ぶスーツ」を5千万円で発売 英

映画さながらの「空飛ぶスーツ」、製作者に聞く

(CNN) 背中のエンジンをかけてひざを曲げた次の瞬間、空中に浮かび上がって、ロンドンの街の上を行ったり来たり――。 米映画「アイアンマン」さながらの「空飛ぶスーツ」が英国で正式に発売された。

ロンドンの金融街で石油取引の仕事をしていたリチャード・ブラウニング氏(39)が3Dプリンターで部品を作り、5つのジェットエンジンを組み込んで製作した。

父方の祖父は戦闘機パイロット、母方の祖父はヘリコプター・メーカーの経営者。ブラウニング氏の血には「空を飛びたい」という願望が受け継がれていたのだろう。

スーツ作りは英海兵隊での予備役時代に思い立った。当初は仕事を続けながら遊び半分に開発していたが、やがて「一度きりの人生、後悔はしたくない」と考えるようになった。

2017年春、英南部ウィルトシャーの自宅に「グラビティ」という会社を設立。「ウィルトシャーのアイアンマン」は一躍、世界から注目を集めるようになった。

最初からアイアンマンを意識していたわけではないという。だがある時、初期の映画を手掛けたチームから連絡があり、実物の空飛ぶスーツをとても正確に想定していたことが分かったという。

同社の「1050bhpジェットスーツ」はロンドンの高級デパート、セルフリッジズで発売された。価格は34万ポンド(約5000万円)。最大時速は約50キロ、高度約3700メートルまで到達できる。匿名の有名人がすでに1着目を購入している。

「操作は簡単。スキーやローラーブレードのできない私でも自然にバランスが取れる」と、ブラウニング氏は強調する。体験飛行や出張実演も受け付けているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]