北朝鮮指導層、米製の最新機器でネット接続 米社調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平壌市内でもスマホやハイビジョンテレビは販売されている

平壌市内でもスマホやハイビジョンテレビは販売されている

ただ、合法的な経路を通じての技術獲得もある。同社は米商務省の統計を引用し、米国は2002~17年、約48万5000ドル相当のコンピューター、電子製品を北朝鮮に輸出していたと指摘。

これの製品の中にはスマートフォンやラップトップ型コンピューターが含まれ、結果的に一部の北朝鮮エリート層に合法的に付与していた形になると述べた。

米国や一部の主要同盟国は近年、北朝鮮に対する電子製品の売却規制を強化。しかし、中国を含む他国の規制は緩慢ともされる。

同社の報告書は、包括的な制裁の効力を確保する国際的に協調した取り組みの努力や幽霊企業網の活動を許さない多国間の協力がなければ、北朝鮮による西側技術を用いてのサイバー戦は今後も減じることなく続くと警告した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]