米政府、ロシアのカスペルスキー製品排除へ

香港(CNNMoney) 米国土安全保障省は17日までに、米政府機関に対しロシアのコンピューター・セキュリティー企業「カスペルスキー」のウイルス退治ソフトウエアなどの製品を排除する措置を指示した。排除するため90日間の準備期間も設けた。

同社とロシア情報機関とのつながりを懸念した対抗措置。同省は声明で、カスペルスキー社の一部社員と情報機関を含めたロシアの政府機関との関係を危惧(きぐ)していると指摘した。

また、ロシア情報機関によるカスペルスキー社への支援の要請もしくは強制的な支援を可能にし、ロシアのネットワークを経由する通信内容の傍受も同社に促すことが出来る同国の法規に注意を向けた。

同社のソフトウエアを導入した場合、米政府のネットワークへの侵入を許し、ファイルなどの内容が筒抜けになる恐れがあるともした。

同社のウイルス対策のソフトウエアなどは米政府機関が広範に調達し、米国の消費者の間でも人気が高い。

カスペルスキー社は国土安全保障省の今回の措置に反発し、その主張に根拠はないと反論。ロシア政府を含めいかなる政府とも非倫理的な協力関係は有しておらず、サイバー上のスパイ活動もしくは攻撃的なサイバー利用でいかなる政府も助けたことはないし、今後もないと強調した。さらに、同省の今回の措置は米ロ政府間の関係悪化が原因とも推測した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]