SNS禁止したイラン前大統領、ツイッターを開始

2017.03.06 Mon posted at 15:49 JST

[PR]

(CNN) イランの保守強硬派として知られるアフマディネジャド前大統領が5日、ツイッターに登場した。

アフマディネジャド氏はツイッター上の第一声で「神の名の下、自由を愛する世界中の人々に平和を祈る」と書き込み、「ツイッターにいます」という意味のハッシュタグ「#Imontwitter」を添えた。同時に、自らフォローを呼び掛けた映像も投稿している。

同氏は2005年から13年まで大統領を務めた。09年の再選後に改革派がツイッターを駆使して「緑の運動」と呼ばれる抗議運動を起こし、同国ではツイッターやフェイスブックなどソーシャルメディアへのアクセスが遮断された。市民らはこの時期、違法ソフトを使ってツイッターにアクセスしていた。

人権団体によると、ツイッターへの規制は昨年末に一部解除されたものの、当局は引き続きインターネットへのアクセスを厳しく検閲している。

ただ同国でも保守穏健派の現職、ロハニ大統領ら一部の指導者はツイッター・アカウントを持っている。

メールマガジン

[PR]