ペットロボットの癒やし効果、本物の動物と比較すると?

ペットロボットにも本物の犬や猫のような効果があることは、日本ではある程度実証されている様子。高齢者や子どもには効果があるかもしれないと指摘した研究も一部にはある。

ニュージーランド・オークランド大学の研究チームは2013年の医学誌に発表した論文で、高齢者を対象に調査した結果、パロのようなペットロボットには生きた動物と同じような効果があることが分かったと発表した。

調査はオークランドにある老人ホームの入居者40人を対象に実施。20人ずつのグループに分けて、一方のグループは週に2回、アザラシ型ロボットのパロに触れ合ってもらう活動を12週間継続した。もう一方のグループは市内に出かけて芸術活動やビンゴなどのゲームに参加した。

12週間が経過した後に孤独感や抑鬱(よくうつ)の程度、生活の質を測るテストを受けてもらったところ、パロと触れ合ったグループでは孤独感が低下したのに対し、もう一方のグループでは孤独感が強まっていた。活動中の相互の会話も、パロと触れ合っているグループの方が活発だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]