米アップル、インドで直営店開設へ 12億人市場狙う

米アップルがインドのスマートフォン市場に照準

米アップルがインドのスマートフォン市場に照準

ニューデリー(CNNMoney) スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」やタブレット端末「iPad(アイパッド)」を手がける米アップルがインドでの直営店開設に向けて当局に申請を行ったことが21日までに分かった。アップルの広報担当者が確認した。開設する店舗数については明らかにしなかった。

世界的にはスマートフォンの販売は減速の傾向を見せているが、12億人の人口を抱えるインドは成長を続けるスマートフォン市場としても注目を集めている。

アップルが狙っているのは、インドの富裕層とみられている。

アップルはすでに中国では32店舗を展開している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]