アップル株主が人種・性別の多様化求める、取締役会は反対

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルの取締役会は18日までに、取締役会や上級管理職に女性や非白人を増やすことを求めた株主提案に反対を表明した。

アップルなどの米ハイテク大手は、白人男性が従業員の大多数を占める実態が批判の的になっている。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は昨年、多様性を尊重し、人種や性別の多様化を進める方針を打ち出していた。

今回の提案は株主から出されたもので、社内の人種・性別構成を変えさせるための積極的な人材採用を求めた。

取締役会は2月の株主総会に向けて6日に出された招集通知書の中で、この提案について「過度に負担が重く、必要性もない」として否決を勧告。「アップルは当社の価値観の中核である包括性と多様性に向け尽力する姿勢を示してきた」と述べ、黒人が多く通う大学から人材を採用したり、コンピューター業界の女性支援団体をスポンサーするなど、自ら多様化を目指す取り組みを行っていると強調した。

アップルの取締役は8人のうち2人が女性、1人が黒人男性で、残り5人は白人男性で構成される。

上級管理職は18人のうち3人が女性で、うち2人は黒人。残る15人は全員が白人男性となっている。

同社の2015年版の多様性報告書によると、全従業員に占める男性の割合は69%、白人の割合は54%。経営上層部は男性が72%、白人が63%を占めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]