10代の3割、「別れは携帯メールで」 米調査

SNSは若者の交際に不可欠なツールとなりつつある

SNSは若者の交際に不可欠なツールとなりつつある

ティーンエージャーのほぼ半数は、SNSは恋人に思いを伝え、絆を実感できる場だと考えている。一方で多くの人が、SNSは(元)恋人への仕返しや嫌がらせにも使われると認めている。

交際している相手(もしくは元交際相手)のメールを盗み見たり、本人になりすまして他の人にメッセージを送ったことがあると答えた人も少なくなかった。

交際相手や元交際相手から、メールやメッセージを立て続けに送りつけられ、望まない性行為を迫られた経験のある若者も15%に上った。

女の子は特に大変だ。SNSでべたべたされて嫌な思いをした結果、相手をブロックしたり友達関係を断った経験がある人は、女子の35%に上る。これは男子の16%の倍の数字だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]