米CIAがツイッターに登場、初つぶやきはミステリー調

2014.06.08 Sun posted at 14:30 JST

[PR]

(CNN) 米中央情報局(CIA)は8日までに、短文投稿サイト「ツイッター」と交流サイト「フェイスブック」に公式アカウントを設け、今後はより積極的な情報発信を図る姿勢を明らかにした。

ツイッターには6日に初めて書き込み、「これが我々の最初のつぶやきなのか確認も否定も出来ない」とスパイ機関らしいユーモアもにじませた。このメッセージは話題を呼び、2時間内のリツイート数は8万5000件以上で、フォロワー数は10万5000人以上となった。

フェイスブックでの発信も6日から始めた。

CIAのブレナン長官は声明で、ツイッターなどでの発信開始に触れ、国民と直接交流でき、CIAの使命や歴史などの情報を提供出来る機会になると歓迎。CIAに関する機密扱いでない情報がより入手しやすいことを国民に示したいなどと語った。

CIAは今後、ツイッターなどで最新ニュース、声明、求人情報、「CIA博物館」の収蔵物、「世界各国便覧」の最新版や機密扱いでない諜報(ちょうほう)も紹介すると約束した。

CIAは公式サイトを運営している他、動画サイト「ユーチューブ」と画像共有サイト「フリッカー」ではアカウントを既に開設している。

米情報機関や捜査機関などでは、米国家安全保障局(NSA)が2009年、米連邦捜査局(FBI)が08年にツイッターに登場。米国務省は07年に利用を開始していた。

メールマガジン

[PR]