任天堂、同性婚できないゲームで謝罪 続編では対応

任天堂が同性婚できないゲームの設定を巡り謝罪=同社提供

任天堂が同性婚できないゲームの設定を巡り謝罪=同社提供

(CNN) 北米で発売予定の任天堂のゲーム「トモダチコレクション 新生活」(英語版「トモダチライフ」)で異性としか恋愛や結婚ができない設定を巡りファンから苦情が出ていた問題で、任天堂が米国で謝罪のコメントを発表し、今後の対応を表明した。

トモダチライフは携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けのゲームで、日本国外では初めて北米で6月に発売予定。仮想世界で恋に落ちて結婚し、子どもをもつ体験ができるという設定だが、異性のパートナーしか選べないことに対して米国のファンが不満を募らせ、任天堂に改善を求める運動がフェイスブックやツイッターで盛り上がっていた。

これについて任天堂は9日、「トモダチライフに同性関係を盛り込まなかったことにより、多くの方を失望させたことを謝罪します」という談話を発表した。

同社によると、今回のトモダチライフに関しては、発売が迫っているため変更は間に合わず、膨大で複雑な作業が必要になることから更新版での対応もできないという。

しかし次回以降は「もしトモダチシリーズの続編を制作する場合は最初から、より包括的で、すべてのプレーヤーを反映したゲームを体験してもらえるような設計を目指す」と表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]