エンジンも動く部品もない飛行機、初飛行に成功 米

Christine Y. He/MIT

Christine Y. He/MIT

(CNN) 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らはこのほど、可動部品がなく化石燃料にも頼らない「ソリッドステート」航空機の飛行に初めて成功したと発表した。

「イオン風」技術の開発で画期的とも言える今回の飛行は、より静かで環境に優しい航空機の開発につながる可能性がある。研究結果は21日の英科学誌ネイチャーに発表された。

論文執筆者の一人で航空学や宇宙航空学を専攻するスティーブン・バレット准教授は「推進システムに可動部品を持たない航空機が持続的に飛行したのは初めてだ」とMIT内のニュースサイトで説明。より静かで機械的に単純な、燃焼による排気のない航空機の開発につながる可能性があると明らかにした。

115年近く前にライト兄弟が初の航空機を飛ばして以降、大半の機体はプロペラやタービンといった可動部品から推進力を得てきた。

しかし、今回の開発で中心となったコンセプトは「イオン風」で、電気の力で推進力を生み出す。

同機では胴体部に搭載したバッテリーパックにより、主翼下のワイヤの列に2万ボルトの電気を供給する。そこから機体後部のロッド(棒)に窒素イオンの流れを発生させ、持続的な飛行に必要な推力を発生させる仕組みだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]