ピーナツアレルギー患者に実験的療法、3分の2が少量の摂取可能に

アレルギー反応に改善が見られたという被験者の1人、エリス・グローバーさん(右)/courtesy The Glover Family

アレルギー反応に改善が見られたという被験者の1人、エリス・グローバーさん(右)/courtesy The Glover Family

子どもの食品アレルギーに詳しい米マウントサイナイ医科大学のスコット・ジヒャラー医師はこの療法について、「アレルギーが治癒するわけではなく、ピーナツバターサンドイッチが食べられるようになるわけでもない」と解説する。「ただ、意図せず少量のピーナツを食べてしまった場合でも反応が出ないか、それほどひどい反応が起きなくなる可能性がある」

ただし自宅で行えば深刻な反応が出る恐れがあり、「自宅で試すべき療法ではない」と強調した。

ジヒャラー医師によると、エイミューンはピーナツを「医薬品グレード」の製品とすることで、医師や患者が正確な摂取量を把握できるようにした。副用に当たっては、医師の指示に従って毎日必ず決められた通りに服用し、保護者が注意深く見守るなど細心の注意が必要だとしている。

薬の味は苦手だというエリスさんも、試してみて本当に良かったと話し、「これで友達がピーナツバターを食べている時も一緒にいられる」とうれしそうな様子だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]