いらないお菓子を「ピーナツバターカップ」に、米リーシーズが交換機設置

「いらないキャンディー」をリーシーズのピーナツバターカップと交換できる/Reese's

「いらないキャンディー」をリーシーズのピーナツバターカップと交換できる/Reese's

(CNN) ハロウィーンでもらったいらないお菓子をリーシーズの「ピーナツバターカップ」と交換します――。米ニューヨーク州にこのほど、そんなうたい文句の交換機が登場した。

同州タリータウンで28日に行われたハロウィーンのパレードで、「リーシーズ・ハロウィーン・キャンディー・コンバーター・マシン」が初お披露目された。この交換機を使えば、いらないキャンディーをピーナツバターカップと交換できる。

リーシーズが行った調査によれば、米国人の90%がハロウィーンでもらったいらないキャンディーについて、交換した、もしくは交換したいと思ったのだという。

31日には、ニューヨーク市内にあるワシントン・スクエア公園に交換機が登場する。設置時間は午後4時から午後9時まで。最大1万人にピーナツバターカップを配布できるとみている。

今年、交換機を利用できるのはニューヨーク市民だけとなる予定。

広報担当者によれば、消費者から好意的な反応を受け取っているとし、来年は別の街にも交換機が登場するかもしれないと付け加えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]