米リレー選手、骨折した足で走り抜き決勝進出決める 五輪予選

途中骨折しながらも走り終えて決勝進出を決めた米国代表マンテオ・ミッチェル選手(左)

途中骨折しながらも走り終えて決勝進出を決めた米国代表マンテオ・ミッチェル選手(左)

(CNN) 米陸上競技連盟は、9日に行われたロンドン五輪の陸上男子1600メートルリレー予選に出場したマンテオ・ミッチェル(25)が左足を骨折していたことが分かったと発表した。米国は予選で2位に入り、10日の決勝進出を決めている。

予選で先頭を走ったミッチェルは、走り終えた直後から足を引きずっていたが、記者団に対しては「ちょっとしたけいれんかもしれない」と話し、それほどの重症ではないとの認識だった。

しかし9日のX線検査の結果、左足の腓骨が折れていたことが分かった。6日に階段を踏み外して足を痛めた状態で出場し、予選で走り始めてあと200メートルを残した地点で骨が折れる衝撃を感じたという。

ミッチェルは「ただ倒れ込みたいと思った。文字通り足を半分にへし折られたような感じだった」と振り返る。しかし自分が走り続けなければ米国は失格になる。激痛に耐えながら残る半分を走り抜き、ジョシュ・マンスにバトンを引き継いだ。

ミッチェルの記録は46秒1。米国は2分58秒87で決勝進出を決めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]