「オビワン・ケノービ」、新たな予告編公開 ダース・ベイダーやルークが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「スター・ウォーズ」の新作ドラマ「オビワン・ケノービ」の新たな予告編が公開された/© 2022 Lucasfilm Ltd. & ™

「スター・ウォーズ」の新作ドラマ「オビワン・ケノービ」の新たな予告編が公開された/© 2022 Lucasfilm Ltd. & ™

(CNN) ジェダイ・マスターの「オビワン・ケノービ」が戻って来た――。だが新しい予告編から判断すると、オビワンは優位な状況にはない。

5月4日の「メイ・ザ・フォース」に公開されたディズニープラスの「スター・ウォーズ」シリーズ新作ドラマの予告編。若き日のルーク・スカイウォーカーや、ライトセーバーを振り回す悪役、そしてシス卿となったダース・ベイダーが登場する。

ユアン・マクレガー演じるオビワンの弟子、アナキン・スカイウォーカーは、「エピソード3/シスの復讐」でダークサイドに堕ちた。今回の「6部作」シリーズはその後のオビワンを描く。

悪の皇帝パルパティーンが実権を握り、オビワンは銀河系に残された最後のジェダイの1人として追われる身にありながら、惑星タトゥイーンでオーウェンおじと簡素に暮らす若き日のルーク・スカイウォーカーを見守っている。

予告編は、すぐにダース・ベイダーと分かるあの呼吸音で終わる。スターウォーズの物語の中では、ダース・ベイダーはまだシス卿になって間もない。かつての子弟は対決するのか。その可能性は大きい。大やけどを負ってダース・ベイダーになるアナキンは、再びヘイデン・クリステンセンが演じている。

「オビワン・ケノービ」は5月27日からディズニープラスで配信される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]