レイア姫とハン・ソロ、恋は本物だった 40年後の告白

「平日はハンとレイア、週末はキャリーとハリソン」

(CNN) シリーズ映画「スター・ウォーズ」でレイア姫を演じた女優キャリー・フィッシャーさん(60)がこのほど、1977年の第1作でレイア姫の恋人になるハン・ソロ役のハリソン・フォードさんと、実生活でも恋愛関係にあったことを告白した。

米誌ピープルのインタビューの中でフィッシャーさんは、40年近く前のフォードさんとの恋愛について「熱烈だった」と振り返り、「平日はハンとレイア、週末はキャリーとハリソンだった」と打ち明けている。

フィッシャーさんは当時の日記をもとにした回顧録「プリンセス・ダイアリスト」を出版予定。

2人の関係は1976年の撮影中に始まり、3カ月間続いたという。当時フィッシャーさんは19歳。フォードさんは33歳で、2人の子どもを持つ既婚者だった。当時の妻とは79年に離婚している。

フィッシャーさんによると、初めてフォードさんと一夜を過ごしたのはジョージ・ルーカス監督の誕生パーティーの後だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]