テニス女子米代表のガウフ選手、コロナ陽性で東京五輪欠場

女子テニスのガウフ選手、コロナ陽性で五輪欠場

(CNN) テニス女子の東京五輪米国代表メンバー、コリ・ガウフ選手が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、欠場することになった。本人が18日、ツイッター上で明らかにした。

ガウフ選手は世界ランキング25位。「米国代表として五輪に出場することをずっと夢見ていた。将来、この夢を実現させる機会が数多くあることを願っている」とツイートした。米国代表チームの健闘と、「出場選手一人ひとりや五輪ファミリー全体にとって安全な大会」を祈るとも書き込んだ。

全米テニス協会(USTA)はこれを受け、ツイッター上で声明を発表。米テニス界の五輪関係者全員が胸を痛めているとしたうえで、ガウフ選手がこの「不運な状況」を乗り越え、早くコートに復帰することを願っていると表明した。

USTAの報道担当者は、選手交代の可能性を検討しているところだと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]