台湾を国と呼んだ米俳優、反発受けて中国への愛を公言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・シナさん、台湾を国と呼んで謝罪

香港(CNN Business) 映画「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」に出演したジョン・シナさんが、インタビューの中で台湾を「国」と呼んだことで中国のファンから反発を買い、これを受けて中国への愛をシナさんが公言するという出来事があった。

人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」の第9作に出演したシナさんは、プロモーションのために台湾のテレビ局によるインタビューに応じ、標準中国語で「台湾はF9(第9作)を鑑賞出来る最初の国」と発言。これが物議を醸すことになった。

シナさんは中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」に「私のミスについて申し訳なく思っている」と投稿。「私はとても、とても、とても、とても大事なことを言っておかないといけない。中国、そして中国の人々を愛し、さらに尊敬してもいるということを」と述べた。

今回の出来事は、世界第2位の経済大国、そして世界最大の映画市場である中国でのビジネス、とりわけハリウッドの映画ビジネスが、政治的に微妙な問題についてどれほど気を配らなければならなくなったのかを浮き彫りにしたと言える。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]