米NFLのロブ・グロンコウスキー選手、上空183mからのボールをキャッチ

グロンコウスキー選手がヘリから落とされたボールをキャッチする様子/Arizona Football/Twitter

グロンコウスキー選手がヘリから落とされたボールをキャッチする様子/Arizona Football/Twitter

(CNN) 米プロフットボールNFLで歴代でも最も優秀なタイトエンド(TE)のひとりとみられているタンパベイ・バッカニアーズのロブ・グロンコウスキー選手がこのほど、上空600フィート(約183メートル)からの「パス」のキャッチに見事成功した。

グロンコウスキー選手は年間王者を決める「スーバーボウル」で4度勝利しているほか、TEとしての1シーズンの最多タッチダウン獲得記録も保持している。

今回はここにギネス記録が加わった形だ。

グロンコウスキー選手は600フィート上空のヘリコプターから落とされたボールを見事にキャッチして、最も高い位置からのボールのキャッチで記録を樹立した。

最初の2度の挑戦は失敗に終わったが、3度目で見事にボールをキャッチすると定番の「グロンコ・スパイク」も披露した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]