父親の遺灰を入れたボール、ボウリングでパーフェクト達成 米男性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺灰入りボールでパーフェクト達成 米男性

(CNN) 米イリノイ州の男性がこのほど、父親の遺灰を納めたボールをつかってボウリングでパーフェクトを達成する出来事があった。

イリノイ州ピオリア在住のジョン・ヒンクル・ジュニアさん(38)は父親のジョン・ヒンクル・シニアさんをしのんで、父親の遺灰を納めたボールでプレーし、300点を獲得した。

ヒンクルさんはボウリング一家の出で、双子のジョーさんとともに4歳からボウリングを始めた。両親もボウリングをしていたという。

ヒンクルさんは4月12日、フェイスブックへの投稿で、「彼(ジョン・ヒンクル・シニア)は今まで一度もパーフェクトゲームをしたことがなかった、今までは」とつづった。

ヒンクルさんはCNNの取材に対し、一度パーフェクトゲームをしたことがあれば、2回目以降はずっと気楽に臨めると話した。以前に達成しているという自信があるからだ。ただ今回のゲームでは感情が高ぶっていたという。他にはない状況だったというのが理由だ。

ヒンクルさんは「震えていた。最後の何投かは目に涙を浮かべていた」と振り返った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]