米MLBオールスター戦、デンバーで開催か アトランタから変更

コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールド/David Zalubowski/AP

コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールド/David Zalubowski/AP

(CNN) 米大リーグ(MLB)がジョージア州の新選挙法に抗議し、同州アトランタで開催する予定だったオールスター戦を別の会場に変更すると発表した問題で、新たな開催地にコロラド州デンバーが選ばれるとの見通しを、複数のニュースメディアが報じている。

デンバーのハンコック市長は開催を歓迎する姿勢を示し、MLBの正式決定を待っていると述べた。

コロラド州のポリス知事も同様の声明を出し、正式決定すればそれは「野球界にとっても、コロラドにとっても良いことだ」と語った。

オールスター戦が開催される予定だったジョージア州では先週、黒人有権者らの投票権を事実上制限する新選挙法が、ケンプ知事の署名を経て成立。これに対して大手企業経営者らが抗議の書簡を公開するなど、反発の動きが広がっている。

MLBが開催地変更を発表した直後、アトランタを本拠地とするチーム、ブレーブスは「この決断の犠牲になるのは企業や従業員、ジョージアのファンたちだ」と、遺憾の意を表明した。同州はこの変更で1億ドル(約110億円)の経済的損失を被るとの試算もある。

これに対してケンプ氏は、MLBが「恐怖と政治的日和見主義、リベラル勢のうそ」に屈したと非難した。

テキサス州のアボット知事も5日、MLBへの対抗措置として、テキサス・レンジャーズの開幕戦始球式での投球を拒否した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]