タイガー・ウッズさん、事故で負傷の脚手術 棒やスクリュー挿入

横転したタイガー・ウッズさんの車。事故現場を見た保安官は、命が助かったのは「奇跡」と語った/Marcio Jose Sanchez/AP

横転したタイガー・ウッズさんの車。事故現場を見た保安官は、命が助かったのは「奇跡」と語った/Marcio Jose Sanchez/AP

ロサンゼルス(CNN) 米ロサンゼルス近郊で23日に自動車事故を起こし、病院へ運ばれたプロゴルファーのタイガー・ウッズさんが同日、負傷した脚の手術を受けた。

本人のツイッター・アカウントに書き込まれた説明によると、緊急手術は長時間に及び、脚を固定するためのロッド(棒)や複数のスクリュー、ピンが挿入された。

入院先のハーバーUCLA医療センターは術後の容体について、意識があり、回復に向かっていると発表した。

整形外科の外傷専門医らが、ロッドを入れてすねの2本の骨を固定し、スクリューとピンを組み合わせて足と足首の骨を固定。筋肉や軟部組織にかかる圧力を下げるため、筋肉を覆っている筋膜を切開する処置も施したという。

ロサンゼルス郡のビラヌエバ保安官は23日、CNNとのインタビューで、事故現場の状況からみてウッズさんの命が助かったのは「奇跡にほかならない」と語った。

ウッズさんは事故当時、ゴルフ専門チャンネルの番組収録で現場近くのゴルフ場へ向かっていたとみられる。芸能人やスポーツ選手らを相手にゴルフのレッスンをするシリーズで、22日に続く2日目の収録が予定されていた。前日も張り切って参加していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]