F1復帰のアロンソさんが入院、スイスで自転車事故

F1ドライバーのフェルナンド・アロンソさん/Getty Images

F1ドライバーのフェルナンド・アロンソさん/Getty Images

(CNN) 2度のF1(フォーミュラワン)チャンピオンに輝いたフェルナンド・アロンソさん(39)がスイスで自転車走行中に路上事故に遭い、入院したことがわかった。所属するF1チームのアルピーヌが発表した。

アルピーヌはツイッターへの投稿で、「フェルナンドは意識があり良好だ。明朝詳しい診察を受ける」と述べた。

自転車愛好家のアロンソさんは2018年にF1からの引退を表明したが、今年再びF1の舞台に戻ってくる。

来月12~14日にはF1のプレシーズンテストがバーレーンで開かれ、同月28日は最初のレースが予定されている。

アロンソさんは引退表明後の昨年1月にもダカールラリー参戦中のサウジアラビアで車が2回転する横転事故を経験。その際はアロンソさんも同乗者もけがを負わなかった。

アロンソさんはF1レースに314回出走し、優勝32回、表彰台97回を誇る。表彰台の回数は歴代6位で、ルノー、マクラーレン、フェラーリの3チームを渡り歩いてきた。今季アルピーヌから復帰すれば、前身のルノーから数えて同一チームに所属する期間が3つ(03~06年、08~09年、21年~)ある初のドライバーとなる。

ワールドチャンピオンとなったのは05年と06年の2回。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]