元ビートルズのポールとリンゴ、それぞれ隔離期間中に新アルバム収録

元ビートルズのポール・マッカートニー。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「隔離期間」の間に新しいアルバムの収録を行った/NBC/NBCU Photo Bank/Getty Images

元ビートルズのポール・マッカートニー。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「隔離期間」の間に新しいアルバムの収録を行った/NBC/NBCU Photo Bank/Getty Images

(CNN) 元ビートルズのポール・マッカートニー(78)が、隔離期間中に自身で収録したアルバムを正式リリースした。

「マッカートニーIII」はマッカートニーの18枚目のソロアルバム。18日にリリースされ、新曲11曲を収録している。

今回のアルバムは、1970年の「マッカートニー」と80年の「マッカートニーII」と同様に、マッカートニーが全楽器を演奏し、ボーカルも全て担当した。

同アルバムに収録した1曲、「Find My Way」は初の音楽ビデオもリリースしている。

一方、ビートルズのドラマーだったリンゴ・スター(80)も、自宅のスタジオで収録した「ズーム・イン」を発表していた。こちらは5曲を収録し、マッカートニーやデイヴ・グロールが貢献している。来年3月にユニバーサルから発売予定。

今月15日には、同アルバム収録曲の中から、ソングライターのダイアン・ウォーレンと手がけた1曲「Here‘s To The Nights」を公開した。

  
      

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]