サッカーのマラドーナさん死去 60歳、アルゼンチンのレジェンド

サッカーのマラドーナさん死去 60歳

(CNN) アルゼンチンのサッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナさんが、心不全のため死去した。60歳だった。本人の弁護士がCNNに明らかにした。

アルゼンチンサッカー協会は25日、ツイッターへの投稿でマラドーナさんの死を確認し、「あなたはいつも私たちの心の中にいる」と追悼した。

マラドーナさんは1986年のワールドカップ(W杯)でアルゼンチンを優勝に導き、歴史に残る偉大なサッカー選手として知られるようになった。

同大会の対イングランド戦では、ボールをパンチしてネットにたたき込み、後に自ら「神の手」と形容するゴールを決めた。続いてイングランドのディフェンダー7人をかわして歴史的なゴールを飾った。

華やかな選手生活のかたわらで、薬物依存やアルコール依存に苦しんだこともあった。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は、全土で3日間の服喪を発表。「あなたは私たちを世界の頂点に連れて行ってくれた。私たちに幸福の絶頂を感じさせてくれた。あなたは誰よりも偉大だった。存在してくれてありがとう」とツイートしている。

アルゼンチン国内や、マラドーナさんが選手として活躍したイタリアのナポリでも25日、大勢のファンが集まって英雄の死を惜しんだ。

欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は、欧州で今週行われる全試合前に、マラドーナさんに敬意を表して1分間の黙とうをささげると発表した。

関係者によると、マラドーナさんの遺族は、正式な死因や死に至った経緯を究明するための検視を承諾したという。

マラドーナさんはアルゼンチンのボカ・ジュニアーズなどでプロ選手として名を上げ、スペインのバルセロナやイタリアのナポリなど、欧州の有力チームでも活躍した。

しかしイタリア滞在中に現地のマフィアと接触するようになって依存症に苦しみ、1991年には薬物検査で失格となって15カ月の出場停止処分を受けた。

現役を引退後はアルゼンチンやメキシコ、アラブ首長国連邦(UAE)などで指導に当たり、直近ではアルゼンチンのヒムナシア・イ・エスグリマの監督を務めていた。

今月に入って受けた硬膜下血腫の手術は、無事成功していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]