新型コロナ感染のプラシド・ドミンゴさんが入院

新型コロナ感染を公表していたオペラ歌手、プラシド・ドミンゴさんがメキシコで入院/DIMITAR DILKOFF/AFP/Getty Images

新型コロナ感染を公表していたオペラ歌手、プラシド・ドミンゴさんがメキシコで入院/DIMITAR DILKOFF/AFP/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルス感染を先週公表していたスペイン出身のオペラ歌手、プラシド・ドミンゴさん(79)が、メキシコで入院したことが分かった。

ドミンゴさんの広報担当者によると、新型ウイルス感染に関連した合併症で同国南部アカプルコの病院に収容された。

同担当者はCNNに、経過は順調で治療の効果が出ていると述べた。

ドミンゴさんは22日、自身のフェイスブックを通し、新型ウイルス感染の検査で陽性の反応が出たことを公表。ファンらに手洗いの励行などを呼び掛けていた。

世界的なテノール歌手として活躍し、昨年まで米ロサンゼルス歌劇場の芸術監督を務めていたが、セクハラ疑惑が浮上して辞任。本人は疑惑を全て否定したが、同劇場は今月、告発内容を認める調査結果を発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]