イングランドに罰金、ハカ対抗でライン越え ラグビーW杯

イングランドの選手たちの前で「ハカ」を演じるニュージーランドの選手たち/ Dan Mullan/Getty Images AsiaPac/Getty Images

イングランドの選手たちの前で「ハカ」を演じるニュージーランドの選手たち/ Dan Mullan/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 日本で開催されているラグビーのワールドカップ(W杯)に出場しているイングランドに対して罰金が科されたことがわかった。イングランドの選手は準決勝でニュージーランドが試合前に伝統舞踏「ハカ」を演じていた際、V字に並んだが、そのとき選手の一部がハーフウェーラインを越えていた。

報道によれば、国際統括団体ワールドラグビーがイングランドに科した罰金は2500ドル程度だという。

オフィシャルがイングランドチームに対して下がるよう求めたが、選手の後退が十分ではなかったという。

ワールドラグビーの規定によれば、ニュージーランドのハカの最中に選手はハーフウェーラインを越えてはいけない。2011年のW杯でもフランスがハーフウェーラインを越えたとして4000ドルの罰金を科されていた。

試合はイングランドが19―7でニュージーランドを破り、決勝進出を決めていた。決勝では南アフリカと対戦する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]