凍ったアザラシのふんにUSBメモリー、動画と写真のデータ無事 NZ

凍ったヒョウアザラシのふんからUSBメモリーが見つかり、動画や写真も回収された/AFP/AFP/AFP/Getty Images

凍ったヒョウアザラシのふんからUSBメモリーが見つかり、動画や写真も回収された/AFP/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) ニュージーランドでこのほど、凍ったヒョウアザラシのふんからUSBメモリーが発見された。しかも、ふんを解凍したところ、USBメモリーはきちんと稼働し、中から動画や画像が見つかったという。

ふん便のサンプルはロールパン2つ程度の大きさで、1年にわたって、ニュージーランド国立水・大気圏研究所(NIWA)の冷凍庫の中で保管されていた。

数週間前にふんの解凍が行われたところ、USBメモリーが見つかったという。

ヒョウアザラシのふんは科学者にとっては重要な素材で、そこから、アザラシが何を食べているのかや、全体的な健康状態、ニュージーランドの海域にどのくらいの期間いるのかといった情報がわかるという。

そうしたことから、ヒョウアザラシのふんを集めるプログラムがニュージーランドで実施された。2017年11月にニュージーランドの南島で回収されたサンプルのなかに、今回のUSBメモリー入りのふんがまじっていた。

USBメモリーの中から見つかった画像/UNKNOWN
USBメモリーの中から見つかった画像/UNKNOWN

USBメモリーの中には見知らぬ人物の休暇の様子が残されていた。

画像にはカトリンズ・コーストのアシカが写っていた。動画には赤いシューズをはいた人物がこぐ青いカヤックの近くをアシカの親子が泳ぐ様が収められている。これがUSBメモリーの持ち主の可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]