死亡した庭師、生前仕掛けたわなで3人を殺傷か ドイツ

死亡した庭師、生前仕掛けた爆発物で3人殺傷か

(CNN) ドイツでこのほど、死亡した庭師が仕掛けたとみられる爆発物により1人が死亡、2人が負傷する事件が起きた。警察は庭師と被害者の間にトラブルがあったことを突き止めており、自らの死後に危害を加えることができるよう、庭師がわなを用意した可能性があるとみている。

59歳のこの庭師は今月1日、ドイツ西部のメーリンゲンの自宅で死亡しているのが見つかった。死因は不明。

地元警察によると同日のそれより前、隣接する町の64歳の医師が自身の診療所の前に仕掛けられた爆発物のわなによって殺害された。医師の氏名は明かされていないが、警察によると上体を倒して爆発物を拾い上げた際に爆発したと考えられるという。

それから2日後、今度は10キロと離れていない別の町で、まきストーブの中のまき1本が爆発し、母親と娘が負傷した。まきには爆発するようあらかじめ手が加えられていたとみられる。娘の方は現在も病院で手当てを受けているが、深刻な状態ではないという。

警察はどちらの事件にも前出の庭師が関与したとみている。庭師は以前から被害者らと「険悪な関係」にあり、口論に発展したこともあるという。庭師の死因については現在調査中で、検視の結果を待っている段階だ。

庭師の自宅を捜索したところ、火薬のほか「武器や爆発物の法律の適用対象となる品目」が複数見つかった。警察は、庭師が死亡する前に他にもわなを仕掛けていた可能性が排除できないとして、一般市民に対し、生前の庭師との間に問題を抱えていた人は注意するよう、異例の呼び掛けを行った。

警察によると、不安を覚えている人のために設置された電話の窓口には、すでに十数件の相談が寄せられているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]