「月で発芽」の綿花、もう枯れた 実験打ち切り 中国

中国の研究者は、芽がしおれて実験も打ち切ったことを明らかにした/University of Chongqing

中国の研究者は、芽がしおれて実験も打ち切ったことを明らかにした/University of Chongqing

北京(CNN) 中国が月探査機の中で発芽させたと発表した綿花の栽培について、中国の研究者は17日、芽がしおれ、実験も打ち切ったことを明らかにした。

中国政府は15日、探査機「嫦娥4号」に乗せて月に持ち込んだ綿花の種が発芽したと発表、月面で植物の栽培に成功したのは初めてだとしていた。しかしわずか数日後、研究チームはこの実験を打ち切り、遠隔操作で電源を落とした。

嫦娥4号は3日に月の裏側に着陸。機内で特殊な容器の中に小さな生態系をつくり出し、植物を育ててミバエの卵を孵化(ふか)させ、高い放射線や低重力環境の影響を調べる実験を行っていた。

しかし実験を主導した重慶大学の謝更新教授によると、9日後に電源を落とした時点で実験は終了した。

探査機の中につくり出した生物圏内の温度が不安定になり、極端な高温になって、種や卵を含む生命が全て死滅したと思われるという。

謝教授は、「温度管理は行っていたものの、月の気温は午前10時半現在で30度を超えていた。この温度では多くの植物は発芽できない」と説明。なぜ研究チームが温度の上昇を抑えられなかったのかは明らかにしなかった。それでも実験は成功したとの考えを示した。

中国国営新華社通信によると、当初の予定では、実験は最長で100日間続けられるはずだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]