カナダのラップ歌手が小型機の翼から落下し死亡、撮影中

ラップ歌手、撮影中に小型機から落下し死亡

(CNN) カナダのラップ歌手、ジョン・ジェームズさんがミュージックビデオの撮影中、飛行中の小型機から落下して死亡した。34歳だった。

ジェームズさんは20日、カナダ西部ブリティッシュコロンビア州バーノンの上空で、ビデオ撮影のために小型機の翼の上を歩いていた。翼の先端に近付きすぎたため、機体が旋回しながら急降下を始めた。

マネージャーチームによると、ジェームズさんはしばらく翼につかまっていたが、手を離した時にはすでに遅く、パラシュートを広げる間もないまま地面に激突して即死したという。

操縦士は機体を立て直し、無事に着陸した。ほかにけが人は報告されていない。

チームによれば、ジェームズさんはプロのスキー選手だったが、背骨やかかとの骨折など故障が重なり、ミュージシャンに転向した。ミュージックビデオは数カ月前から企画し、機上の場面に向けて集中的な訓練を続けていたという。

チームは声明で「周囲を明るくしてくれる性格で、他人のことを決して悪く言わない。まさに黄金の心の持ち主だった」と述べ、ジェームズさんの死を悼んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]