カナダ、大麻合法化がスタート ウルグアイに続き2カ国目

カナダで嗜好品としての大麻が合法化された/Donald Weber/Getty Images

カナダで嗜好品としての大麻が合法化された/Donald Weber/Getty Images

(CNN) カナダで17日から、嗜好(しこう)品としての大麻の所持、使用が合法化された。

今年6月に上院で可決された法案を、同日から施行した。

18歳以上の成人は30グラムまでの大麻を公共の場で所持することができる。自宅で4株までの苗を栽培したり、食用に使ったりすることも認められた。

ただし未成年者による大麻製品の生産、流通、販売は禁止されている。

使用時の運転を制限する法律も整備された。

世界で嗜好用大麻を解禁した国は、2013年のウルグアイに続いて2カ国目。主要7カ国(G7)の中では初の例となる。

トルドー首相は大麻を未成年者から遠ざけ、関連の犯罪を防ぐ目的で、合法化を主導した。

大麻はどこでも買えるわけではない。州当局の監督下にある小売店か、連邦政府公認の生産者から購入する。

合法化によって、同国には40億ドル(約4500億円)を超える規模の市場が生まれると予想されている。

米国では9州と首都ワシントンで嗜好用大麻が合法化されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]