ツール・ド・フランスのトロフィー盗まれる、選手は返却呼び掛け 英

今年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たし、トロフィーを手にするトーマス選手/THOMAS SAMSON/AFP/AFP/Getty Images

今年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たし、トロフィーを手にするトーマス選手/THOMAS SAMSON/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で英国のゲライント・トーマス選手が今年獲得したトロフィーが盗難に遭ったことが11日までに分かった。同選手が所属するチームスカイが明らかにした。

盗難現場は英バーミンガムの展示会場。会場ではトーマス選手が今年7月に獲得したツール・ド・フランスのトロフィーに加え、ブエルタ・ア・エスパーニャやジロ・デ・イタリアのトロフィーも展示されていた。

チームスカイの声明によれば、トロフィーはいずれも自転車メーカーのピナレロに貸し出していたもの。トーマス選手のトロフィーは盗難の際、イベント終了にともなう片付け作業で「一時的に放置」された状態だったという。

警察が捜査に乗り出しているほか、チームスカイも全ての関係団体と連絡を取り、最良の解決策を模索している。

トーマス選手は「こんなことが起きて本当に残念」「盗んだ者にとってトロフィーは限られた価値しかないが、私やチームにとっては大きな意味を持つ」と述べ、窃盗犯に返却を呼び掛けた。

さらに「トロフィーは重要だが、最も大事なのはこの夏の素晴らしい思い出だ。これを奪うことは誰にもできない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]