デンマーク対豪州は1-1、豪州がPKで追いつく ロシアW杯

オーストラリアが相手のハンドで得たPKを決めて同点に追いつく

オーストラリアが相手のハンドで得たPKを決めて同点に追いつく

(CNN) グループCの第2戦、デンマーク対オーストラリアは1-1の引き分けとなった。デンマークが序盤に先制したが、オーストラリアが「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」の判定で獲得したPKを決めて同点に追いついた。

デンマークは開始7分、相手エリア内での連携からFWのエリクセンが豪快なシュートをたたき込んで先制した。

それでも以降はオーストラリアがボールを支配し、より多くのチャンスを作り出す。

そして迎えた前半38分、デンマークがオーストラリアのコーナーキックをクリアしたかに見えた場面で、主審はVARをもとにデンマークのDFがエリア内でハンドを犯したと判定。オーストラリアにPKが与えられ、これをジェディナクが決めて試合を振り出しに戻した。

後半も両者譲らぬ展開が続き、試合は1-1のまま終了した。

デンマークはPK判定の場面でFWのポウルセンが今大会2枚目のイエローカードを受け、次のフランス戦での出場停止が決まった。

一方のオーストラリアはここまで1敗1分け。グループ突破を果たすには、次戦でペルーに勝利して勝ち点3を得ることが最低条件となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]