ウォッカに酔った男、名画を棒で襲撃 モスクワの美術館

被害に遭った名画「1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン」

被害に遭った名画「1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン」

(CNN) ロシアの首都モスクワの美術館で、ウォッカに酔った男が名画を棒でたたいて激しい損傷を負わせる事件が起きた。

被害に遭った名画「1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン」は、19世紀のロシアの巨匠イリヤ・レーピンの1885年の作品で、モスクワのトレチャコフ美術館に展示されていた。

同作品は、雷帝イワンと呼ばれた皇帝(1547~84年)が、怒り狂って打ち殺した息子を抱き締める姿を描いている。

トレチャコフ美術館の発表によると、37歳の男は閉館間際に入場し、館内の仕切り用の棒を使って作品を保護していたガラスケースを何度もたたいた。

絵画のカンバスは中央部の息子の姿が描かれた部分の3カ所が破損し、フレームは割れたガラスによってひどい損傷を負ったという。

それでも皇帝と息子の顔や両手を描いた部分は無傷で済んだ。男は係員に取り押さえられ、警察に引き渡された。

ロシア内務省報道官は、男が絵画の損壊に関連して逮捕されたことを確認し、文化遺産の損壊または破壊の罪に問われていることを明らかにした。

現場には直後に学芸員や修復の専門家が駆けつけ、被害の程度を調査した。美術館は、著名専門家の助けを借りて絵画を修復したい意向。

国営テレビによると、男は警察の調べに対し、美術館内のビュッフェでウォッカを飲んで絵画の襲撃を思い立ったと供述。「立ち去るつもりだったが、ビュッフェに寄って100グラムのウォッカを飲んだ」「(普段は)ウォッカは飲まないので、何が何だか分からなくなった」と話しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]