人口33.5万人、史上「最小国」アイスランドがW杯出場へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

史上「最小国」アイスランドがW杯出場へ

(CNN) 人口33万5000人の小国、アイスランドがこのほど、2018年にロシアで開催されるサッカーワールドカップ(W杯)への出場を決めた。これまでにW杯の本大会に出場した国の中で最も人口が少なかったのは06年大会に出場したトリニダード・トバゴの130万人。アイスランドは本大会出場国としては史上「最小国」となる。

欧州予選I組に入ったアイスランドは9日に行われたコソボとの試合に2対0で勝利し、大会初出場を決めた。

アイスランドは2016年にフランスで開催されたサッカー欧州選手権で、強豪のイングランドを2対1で下す大番狂わせを起こしていた。

当時、フランスから帰国したサッカー代表をたたえようと、人口の10%にあたる約3万3000人が空港に集まったという。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「ロシアW杯」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]